赤嶺 浩(現館長)

赤嶺浩先生

赤嶺浩(あかみね ひろし)1954年 沖縄県豊見城市生まれ

琉球古武道保存振興会2代目会長赤嶺栄亮の4男として生まれる。

6歳の時、父から初めて空手の指導を受ける。本格的に空手を始めたのは中学校から、小林流究道館の具志堅私人(旧名:弘)先生に空手を師事するかたわら、父から古武道を師事する。1999年亡き父の後を継ぎ琉球古武道保存振興会3代目会長に就任すると共に、総本部道場(信武館道場)を継承する。

2011年5月、任期満了により12年間務めた会長を辞任、同年7月、志し新たに信武館道場の館長として琉球古武道信武舘を立ち上げた。また、同時に具志堅私人(旧名:弘)先生が設立した沖縄小林流無拳舘(具志堅先生亡き後沖縄小林流無拳会に改名)の初代会長を務めていた澤田弘先生から2代目会長を引き継ぎ就任した。

広告