釵はインド、中国を経て琉球に入って発達を遂げたものである。琉球王朝時代に、大筑らが所持し国王や高官などの護衛、あるいは暴漢や疑わしい犯人の逮捕術に利用され、攻防の術が実戦を通して編み出されたが、以後一人で攻防の練習ができるよう型が作られブサー(武人)達によって自己防衛を主眼として鍛練を積み深く研究され今日に受け継がれてきた。

IMGL3744-2 IMGL3742-2 IMGL3759-2

広告