鎌(カマ)

禁武政策という特殊環境下で沖縄の最も身近で武器に代用できるのは鎌であった。従って型を作り、鍛練するということは少なく、保存継承されている型も数少ない。技は受けて刺したり、突いたり、切ったりであるが、古武道の中で刃物で切れるのは鎌だけであり、他の古武道に比べ演武時の危険性が高い。有段者以上の型でり、鐘川の2丁鎌はその数少ない内の最も有名な型である。