棒(棍)

棒術

棒術は剣とはちがって、そのどの部分も刃と化し得る千変万化の武器である。即ち剣には、変化自在の組太刀があるにしても、刃を敵にあてねば斬れぬという制限をもっているが、棒には刃も柄もなく、すなわち、薙ぎ、突き、切るの可能性をその6尺の量さの万能性をそのすべてにひそめているのであり、いわば剣と薙刃と槍の特性を備えている。琉球の棒術は、北方より来たものと南方より来たものが、以前より琉球にあったものとがミックスされ、研究されて現在の棒術に至っている。