琉球古武道

琉球古武道は、琉球王朝時代と沖縄県の古武術の総称である。古武道は三山時代南山(大里)、北山(今帰仁)、中山(玉城)に栄えた。これは、中国の南方(福建省)あたりから帰途ので、その後、15世紀(1400年代)初め尚巴志による三山統後、各按司によって部落に伝えたとされる。1609年島津藩の琉球侵攻を境に、王家が衰退し、武士たちが各地域に散らばり、いつしか庶民たちの間にも古武道が広まった。